カフェインレスコーヒーについて

化学薬品を一切使用しないカナダの「スイスウォーター方式」を採用。

カフェインを99.85%除去しながらも、豊かな深みを表現しています。

就寝前や、マタニティ・授乳期など、
「コーヒーは飲みたいけど、カフェインが気になる」すべての方に―

おいしさも、製法にもこだわったCoffeeVilleのデカフェ珈琲をお楽しみください。

CoffeeVilleのディカフェ(カフェインレス)コーヒーは、化学物資を一切使用せずにディカフェネイトする、スイスウォータープロセスコーヒー豆が使用されております。自然加工によるディカフェコーヒーの美味しさ見つけ、楽しんで下さい。

スイスウォータープロセスでのディカフェ(カフェインレス)加工プロセス
1) 生豆
最高品質の生豆を使用すること、これは通常カフェイン含有コーヒーと同じで絶対条件です。また、シェイドグラウンオーガニックコーヒーであっても以下のプロセスは一緒です。
2) 真水を加える

最高の生豆は熱湯に浸されます。熱湯はコーヒー豆からその香と風味、そしてカフェインを取り出します。それはコーヒープレスで、またはドリップメーカーで、挽き豆からコーヒーを抽出するのと同じことです。熱湯は“コーヒーの香の満ちた湯”となります。ここで、コーヒー豆はその熱湯から、一度取り除かれます。

3) カフェインの取り除き

“コーヒーの香の満ちた湯”はカフェインを取り除ける微粒子フィルターにかけられ、カフェインを取り除かれます。

4) 豆へのエッセンス戻し

カフェインの取り除かれた“コーヒーの香の満ちた湯”に、プロセス2で取り除かれた豆を再度浸します。これにより、カフェインを取り除かれた、コーヒーのフレーバーとアロマだけを持ったエッセンスが豆に戻るわけです。ここにカフェイン97%カットのディカフェ(カフェインレス)コーヒー豆ができあがるのです。

5) 最高のディカフェコーヒー

カフェイン、化学物質を含まない、香豊かな豆は乾燥され、市場にでます。この最高のディカフェコーヒー豆はカフェアパショナートのオリジナルロースティングプロセスにより、他社では飲むことのできない、最高のディカフェ(カフェインレス)コーヒーへと進化をとげるのです。